誰でも気軽に乗れる自転車の法律とは。

誰でも気軽に免許も要らず、子供から年配の方にも乗れる便利な自転車。
エコを求める時代背景にマッチして近年は台数も増え、とくに都心部では需要が増しています。
需要が増したのと同時に危険な状況も増えています。
そして2015年6月から自転車の道路交通法が改正されました。
「えっ法律なんてあるの」なんて言っている人はいると思います。
道路交通法という交通規則の法律もあれば、罰則規定もあります。
そして守らない人には「3年間に2回以上の取り締まりを受けた場合、自転車運転者講習の受講が義務づけられる」と定められています。
もちろん無料ではなく3時間の講習で、5700円程度の受講料もかかります。
この講習を受講しなかった場合は、前科者の扱いとなり5万円以下の罰金が科せられます。
講習も嫌だし前科者になりたくない等の理由で、道路交通法に目を通しルールを守ることは間違ってはいません。
しかし近年は事故も多く、人を傷つける事もあります。
社会のルールとして人としてのモラルとして、交通規則を熟知しルールを守る様に心がけて欲しいです。

日本の特殊な法律と未来

平和を維持することが重要な時代もあります。
今は戦争が少ない時代なので、余計に平和な国の未来が心配になります。
こういった国は将来のために安全なシステムを作り、それを維持するために力を使っています。
結果として日本も平和が保たれているので、これは過去の人間たちの功績です。
平和と法律は密接に関係するようになっています。
戦争は色々な意見の衝突で発生するので、それを防げるだけの力が必要です。
実際に日本は他国から力を借りて平和を守っているので、非常に上手い交渉を続けています。
そして、一般人たちは身近な法律に従って平和を維持しています。
身近な範囲に平和を掲げたルールがあると、自然にそれに従うようになります。
この国の未来は今の社会の方向性と繋がっています。
重要になっているのは個人と社会の関係性です。
ここでは平和を意識して生活をすることが基本です。
一般人が強い意志を持って生活していれば、国もそれに応えて優れた法律を作ってくれます。